風俗のソープランドで働いてみると、意外と楽しく稼げる職業だった

風俗のソープランドで働いてみると、意外と楽しく稼げる職業だった

私は、3ヶ月前まで大阪市内で普通の会社員として勤務する21歳の女性でした。朝から夜まで事務の仕事を熟し楽しみと言えば、友人とお酒を飲むぐらいです。ある日、友人が「ホストクラブに行ってみようよ。

イケメンがいるから」と、誘われます。ホストクラブは、男性が女性を接待するお店でイメージ的に抵抗が少しありました。しかし、友人の誘いという事で行ってみたら、楽しく過ごせたものです。ホストは22歳で若く、やさしく会話をしてくれてお酒も進みます。

ワインから焼酎、ウイスキーなど、気づいたら10杯以上飲んでいました。

店は、初回のお客さんは安く数千円の料金で済みました。私は、ホストクラブに好感を覚え後日再び行く事にします。店に入ると前回、接待をしてくれたホストが席に付きボトルを勧めてきます。ホストの甘い言葉に気が大きくなった私は、数万円するワインボトルを注文する事になりました。

その日は、ボトルをすべて飲み干し満足しましたが、次の来店では1本30万円の高級シャンパンを注文する羽目になったものです。ホストクラブへは、1週間に3回から4回通うようになり積み重なった料金は、3ヶ月で300万円以上に膨れます。21歳の私にとって300万円以上の借金は、正直きつい金額です。「短期間でこの料金を支払うには、風俗しかない」と、思った私はまさかのソープランドで働く事になります。

裸一環で飛び込んだソープランド

ソープランドの仕事は、ある程度イメージしていて浴場で男性客の体を洗う事と認識していました。アダルト動画で見た事もあり、私的には無理な仕事ではなさそうです。ネットでソープランド情報を調べて見ると、神戸には結構店が多くあります。大阪からも近く通えるため、神戸の店から選ぶ事にしたものです。

約60件ほどあるソープのお店は、「高級店」から「中級店」「大衆店」まで揃います。高級店になると、貰える給料も高いみたいで魅力的です。しかし、店の審査もありマナーや接待などの指導も厳しいようです。
私は、働きやすい感じがする大衆店が合っていると思い、求人募集している1軒の店へ飛び込んでみました。

受付ロビーへ行くと、「あのー、ここで働きたいと思い面接を受けに来た者ですが」と、伝えます。すると、オーナーが出てきて事務所の方へ案内されると話をされたものです。ルックス的に、少しは自信があった私は見た目ですぐに採用されます。

後日、店へ行くと、オーナーに仕事場である浴場へ連れて行かれてベテランのソープ嬢にソープランドの接待方法を指導される事に。

好きでもない男性の前で裸になる事に、少し抵抗を感じましたが仕事と割り切ると平気です。オーナーと在籍ソープ嬢は、自身の体を使ってお客が喜ぶ接待サービスを私に教えてくれました。

借金は完済してソープの仕事にやりがいも感じる

3日後には、店で働く事になった私は、男性客からの指名を待つ事になります。控室で待機していると、早くも指名の声がかかります。

緊張しながらお客と顔を合わせると、相手は40代のサラリーマン風男性です。浴場に入ると、お互い服を脱ぎいよいよ初めてのソープ接待が始まります。時間は、90分になり教えられたボディ洗いで男性客の体を洗う私。石鹸やローションを使って洗っていると、私も気持ち良く感じています。

時折、男性客の顔を見て反応を確かめながらボディ洗いをする私。「お客さん、仕事は何?」「ソープはよく来るの?」など、雑談を交えて交流していきます。

そうこうしている内に時計を見ると、90分あっという間に来ていて終了です。初めてのソープでの働きは、自己評価80点ぐらいで私は「頑張れそうだ」と、心に思います。初日は、1人だけのお客でしたが、次の日は2人になり3日後には3人相手をする事になったものです。

そんな店のシステムは、料金の50%がソープ嬢の給料になります。例えば、90分で30000円なら15000円が貰える仕組みです。しかし、そこから必要になった「雑費」として4000円ぐらい引かれていきます。

いわゆる、会社員の給与明細にある源泉微収になる訳です。

ソープで働き出して1日で頂いた給料は、平均30,000円になり指名が多い日は、50000円ぐらいでした。私は月給給料制にして、初月は100万円ほど稼げます。

2ヶ月目は、120万円ほどになり3ヶ月目は、150万円稼いでホストクラブの借金も返済出来ました。今では、ソープの仕事が楽しくなり「後2年ほど働いて稼ぎ結婚したいな」と、将来の夢が見えています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*